concept

「“ヨロン島”ってどこにあるの?」「どんな島なの?」

これらの質問に応えられるひとは、果たしてどのくらいいるでしょうか。

鹿児島県、奄美諸島群の南端に位置する与論島。この島には、美しい海と珊瑚礁、亜熱帯の動植物、方言や郷土芸能など、今後も残していくべき貴重な自然、文化資産があります。それと同時に、珊瑚礁の白化、住民の高齢化による文化の消滅危機などの問題も抱えています。

私たちは、与論島の魅力、自然と文化の姿を後世に残すべく、デジタルアーカイブズ「プロジェクトヨロン」の制作をスタートしました。

現在、海中をテーマにした「ヨロンダイバー」、陸上をテーマにした「ヨロンアドベンチャー」のふたつのGoogle Earthコンテンツを公開しています。マウスを使って島の上空を飛び回りながら、大量の資料を、航空写真、立体地形と重ねあわせ、俯瞰的に閲覧することができます。さらにナビゲータ役として、島の情報を明るくたのしく伝えるTwitter BOT「よろろんちゃん」も登場します。

海底地形、海中で撮影されたパノラマ写真、ダイバーが撮影した水中写真。さらに、島の各所で撮影したGPS写真、ヨロンマラソンのコース情報・・・多元的な資料がデジタル地球儀「Google Earth」にマッピングされ、一元的に表示されます。よろろんちゃんは、文字と写真で与論島の魅力をつぶやきます。これらのコンテンツにより、与論島のそなえる魅力を、多面的・総合的に把握することができます。

このデジタルアーカイブズ「プロジェクトヨロン」は、長い島の歴史を辿るべく、スタートしたばかりです。資料の収集とアーカイブは、長い期間を掛けて、継続的におこなっていく予定です。


Share
ShareSidebar